栗田貫一と大沢さやかは離婚するの?原因はモラハラ?亭主関白?子どもは?

「私の何がイケないの?」に栗田貫一さんが出演します。


kurikan

そのあまりの亭主関白っぷりは
これは完全にモラハラだ!と思ってしまいました。

性格がとてもきつそうな栗田貫一さんですが
嫁である大沢さやかさんはなぜ離婚しないのでしょうか?

詳しく調べてみました。



まず栗田貫一さんについてです。

栗田貫一(くりた かんいち)
1958年3月3日生まれのものまねタレントさんです。

最も有名なのは声優として「ルパン三世」の主人公
ルパンの声を担当しているということだと思います。

実はルパンの声優としては二代目で
もともとルパンは山田康雄さんが声を務めていたのですが、
その当時にルパンのモノマネ芸が有名だったのが
栗田貫一さんです。

そして山田康雄さんが急逝してしまい、
その後釜を務めることになったのが
ルパンのモノマネが上手だった栗田寛一さんでした。

なんとモノマネが本物になったのです。
現在もルパンの声優、またものまね芸人として
テレビや映画で活躍されています。



その栗田寛一さんの奥さん、お嫁さんは
女優の大沢さやかさんです。

sayaka

なんと16歳差で2004年に結婚しました。

大沢さやかさんは、
1992年に映画「ゴジラVSモスラ」でインファント島民の小美人
「コスモス」役を演じ一気に注目を集めました。

「モスラ~ヤ!モスラ~♪」の人ですね。
一回聞いたら忘れられないフレーズですよね。

その後、現在に至るまでテレビや映画、舞台で
活躍されてる女優さんです。


この二人の結婚生活なのですが、
まさに亭主関白の代表ともいえるような
田寛一さんが大沢さやかを
罵倒する様子が多々見られるようです。

その様子はテレビでも放送されました。

二人で買い物に出かけて
大沢さやかさんが服を選んでいるときも常に

「早く買え!早く買えよ!」

と強い口調で言い続けていました。

また日常的に「うるせぇ!」などの言葉を
浴びせていてこれには唖然としました。


(((((((( ;゚Д゚)))))))


怖すぎる・・・。


こういった言葉を使うこともそうですが、
カメラのある前だったら多少気をつかって
いい子ぶったりして言葉は丁寧に使いそうなもんですが、
カメラの前でもこんな言葉を使ってしまうのですね。

ということはまさに日常的に言っていて
自然と出てしまうということでしょうね。

ルパンのイメージが強いだけに
こんな人だったとはびっくりしました。

かってに明るく、朗らかでひょうきんな人だと思っていました。

大沢さんがこんな言葉使いについて
「やめてほしい」と訴えても
「上等だ、そこがお前はだめなんだ。」
と返事をしていました。

何だか亭主関白と言うよりもモラハラじゃないかと思います。

モラハラという言葉は最近では
高橋ジョージと三船美佳さんの離婚訴訟問題で
使われていましたね。


モラハラとは「モラスハラスメント」の略語で
モラルによる精神的な暴力のことです。

簡単に言えば言葉の暴力が酷すぎることですね。

DVと違い身体的な暴力ではないものの
相手の人の人格さえも否定し、心に傷をつけてしまう
離婚理由にも充分なりうる行為です。

このモラハラの怖いところは
モラハラの被害を受けている人が
知らず知らずに洗脳されてしまうことです。

身体的に外傷はないため、気づかれにくいのですが、
心には大きな傷を作ってしまっていることが多いそうです。

何より怖いのが被害者が「自分自身」に
自信をもてなくなってしまい
受けてしまった言葉の暴力とおり
自分はダメな人間なんだと心の底から
思い込んでしまう事です。

栗田貫一と大沢さやかさんの様子を見ていたら
まさにこの状態に当てはまると思います。

そもそも大沢さやかさんは何故
16歳も年の離れた相手と結婚したのでしょうか?

ん?16歳差?なんかこれもまた
高橋ジョージさんと三船美佳さんの所と似ていますね。

栗田寛一さんと大沢さやかさんの様子を見ていたら
高橋ジョージさんと三船美佳さんの
うやむやになっている離婚訴訟の原因が見えてきそうです。


話はもどって栗田貫一と大沢さやかさんの
結婚した経緯ですが、

2001年に名古屋の御園座公演
「喜劇・SANADA」の共演で知り合ったそうです。

そして栗田の誕生日であ3月3日に結婚しました。
2人で世田谷区役所に行って入籍したそうです。

栗田寛一さんは「2人の子供を産んで下さい」
プロポーズしたそうでうす。

当時は「温かい家庭を。早く子供が欲しい」ともコメントしていて
大沢さやかさんのことを「世間知らずだが、純朴で健康的でしっかり者」
とほめていたそうです。

そして結婚して53歳の時に長女が誕生しているようです。
およそ結婚してから10年後のことですね。

現在はお子さんの年齢は4歳ですね。

4歳の娘の前であれだけの
強い言葉を発していたらちょっと問題な気も・・・。


栗田寛一さんはなぜこんなに
大沢さんにきついのでしょうか?

調べてみたら「東京都」出身でした。

言葉のキツイ地域の育ちなのかと思ったら違うようです。

80年代には「関白宣言」という歌が大ヒットしましたが、
おそらく栗田さんの年代の方は
亭主関白の考えの人が多いのかもしれません。

人によると思いますけどね。

けど実際に関白宣言という
「育メン」が増えている現代では
ヒットしなさそうな歌が大ヒットしていますし

時代の違いを感じますね。

その男尊女卑の考え方に16歳も差のある
まさに生きてきた時代の違う
大沢さんがついていけないのも無理がないと思います。

「世間知らずだが、純朴で健康的でしっかり者」
という栗田寛一さんの言葉にもなんだか
古き良き女性を求めている気がしますもんね。


こりゃキツイな~
私だったら秒速で逃げ出します。


コメントを残す

このページの先頭へ