噴火警戒レベルとは?各レベルの説明!箱根山はどうなるの?

箱根山が噴火警戒レベル2になったそうです。
今回は気になる噴火警戒レベルについて
詳しく解説、まとめていきます。


噴火警戒レベルとは?


火山活動の状況から防災機関と住民たちの
「警戒が必要な範囲」「とるべき防災対応」を
5つの段階に分けられている指標です。


各レベルの説明!



レベル1

噴火の予報です。

火山活動も平穏だが
火口内で火山灰噴出が見られる程度。

このレベルでは
登山者への規制も特にありせん。

レベル2

火口周辺への噴火警報。

火口周辺には危険が見られるので
登山者は火口周辺には入れません。

噴火が発生、発生が予報されまます。

まだ周辺住民には規制はありません。

レベル3

周辺の居住地域にも警戒が必要なレベルです。

状況に応じて
要援護者の避難準備をはじめます。

入山は禁止されます。


レベル4

このレベルになると周辺住居地域にも
噴火の被害が及ぶ危険度です。

居住地域に重大な危険が及ぶレベルです。

警戒が必要な居住地域に住んでいる人は
すみやかに避難の準備をします。



レベル5

大規模な噴火が始まる、予報される
危険な状況です。

危険が及ぶ居住地域にいるひとは
すみやかに非難します。


箱根山はどうなるの?






現在は一日に震度1の地震が
3回程度起きているようです。

箱根山にある温泉施設でも
蒸気が勢いよく飛び出ているときが
あるようです。

まだ大噴火とは行きませんが
小さい噴火が起こることがあるので

その際に飛びだす石に注意が必要だそうです。
また火山灰が降るおそれもあるようです。


今はレベル2のようなので
これがレベル3になると

介護が必要な人達は
避難の準備をはじめ、

レベル4になると
周辺の居住地域にいる人たちは
全員避難準備をはじめなければいけません。


今現在でも小規模な噴火が起こると
予想されているので

警戒が必要です。

怖いですね。

周辺の温泉の温度もあがっているのかも
しれませんね。


噴火レベルが適応されている山


次の山々に噴火レベルが適応されているようです。

RE

噴火レベルは気象庁からの
重要な知らせです。

予報を聞き逃さないように
気を付けたいですね。


噴火コワい。


コメントを残す

このページの先頭へ