エイリアン・ビッグ・キャットとは?本当にいるの?目撃情報は?

エイリアン・ビッグ・キャットについて
調べてまとめていきます。

uma

エイリアン・ビッグ・キャットとは?


エイリアン・ビッグ・キャットとは
イギリスに現れる未確認動物のことです。

見た目について


エイリアン・ビッグ・キャットの見た目は
ヒョウやピューマなど、
大型のネコ科の動物に似ているそうです。

イエネコよりも足が長く、体格はしっかりしているとのこと。


性格について


獰猛な性格で家畜を襲うそうです。

実際に家畜が被害にあっている記録があるようです。

能力について


なんと超能力をもっているそうです。

・空気に溶け込むように姿を消す

・テレポーテーション、瞬間移動が出来る


ここまで来るとどうせ
空想上の動物だろ。と言いたくなりますが

エイリアン・ビッグ・キャットが
実在しているとの声がかなりあるようです。


本当にいるの?


未確認動物(UMA)のなかでは
実在する可能性が充分にあるとっても貴重な存在です。


未確認動物(UMA)はオカルト話に分類されるので
基本的に実在する可能性がとっても低いのが特徴です。

空想上の動物ということですね。


例で言えば「ネッシー」や「ツチノコ」になどです。

ちなみに「カッパ」や「天狗」などは
作り話と言う根本的な概念があるので
これには該当しません。


あくまで実在していると思われるが
確認はされていない
、そんな動物のことです。


そんな何とも怪しげなUMAですが
エイリアン・ビッグ・キャットについては

かなり実在している可能性が高いと言われているのです。

その一因として
目撃情報がかなり多いことが挙げられます。

また家畜動物が実際に
被害にあっているようです。

目撃情報は?


なんと写真や映像にその姿が
たびたび抑えられているようです。

しかも過去にはエイリアン・ビッグ・キャットらしきものと
思われる個体も捕獲されています。

youtubeで動画があったので
リンクを貼っておきます。

エイリアン・ビッグ・キャット動画


1983年にエクスムーア地方で
家畜が食べ殺される事件が多発したことがあるそうです。

その時に原因である大型ネコの様な動物を捕まえる為に
実際に警官たちが獣討伐作戦を行ったそうです。

そしてその大型ネコの様な動物を追い詰め
猟銃を向けると、一瞬のうちに姿を消したそうです。


この話が本当だとすれば
たくさんの警察がエイリアン・ビッグ・キャットを
見ているはずですから、本当にいそうですね。


最後に


実在しているとして、
じゃあ一体何なんだという事で
色んな説が飛び交っているようです。


バイオテクノロジーで
人工的に作られた動物だとか

野生化したペットだとか

新種の山猫じゃないかとか。



一番有力な説は国内に持ち込まれたヤマネコと
イエネコとの交雑種だという説です。


見た目はそれでしっくりくるかもしれませんが
超能力をもっている点は
まだまだ謎に包まれていますね。


私の考えは、新種のヤマネコかなんかの
雑種で、めっちゃくちゃ早く動けて
テレポートしてるようにみえるだけで

超早く走っているとかかな・・・と。


うん、無理があるか。


じゃあスイミー的なちっさい生物
鳥か虫か集団でかたまって動いて

ネコに見えるとか・・・。


う~ん、とにかくテレポートの謎について
追求していきたいですね。



ポケモンのケーシィみたい。




2 Responses to “エイリアン・ビッグ・キャットとは?本当にいるの?目撃情報は?”

  1. 黒ひょう より:

    愛媛県のとべ動物園に普通にいます。
    何が未確認動物?意味分からん。
    単純にヒョウの劣性遺伝として希に生まれてくる黒ヒョウです。(希少性はホワイトタイガーなどと同じ)

    • 管理人 より:

      そうなんですね!
      情報ありがとうございます。

      ただ超能力を持っていると
      噂になっているのは何なのでしょう?

      結局見間違いとか、勘違いなのかも知れませんね。

コメントを残す

このページの先頭へ