こども園の問題点とは?特徴や保育料は?園長の方針で全くが違う?

こども園問題点、特徴や保育料などを調べていきます。
保育所と一体何が違うのか?まとめていきます。

認定こども園とは?


認定こども園とは
新しく始まった子供の保育施設です。

今までの保育施設には
保育園、保育所、託児所などがありましたが、

欠点として幼稚園のような
教育は受けられませんでした。

保育園と幼稚園の違いは
保育園は保育をするところ。

幼稚園は小学校に上がる前の準備段階として
幼児教育が受けられました。

そして保育時間は保育園の方が長く
幼稚園の方が短いのが特徴です。


なので働くお母さんの子供は
自然と幼稚園には通わずに
保育園に行くことになります。


保育園も待機児童がいるくらい
なかなか入園できるところが少ないと
現在は言われているので

家庭の事情で保育園のように長時間
子供を預けたいと思っても

働いていないお母さんの子供は
保育園にはいけずに
預かってもらえる時間の短い
幼稚園に行くことになっていました。


この問題を解決するべく
誕生したのが

認定こども園です。

保育園のように長時間
子供を預かってくれるうえに
幼稚園のように
幼児教育を行ってくれるのです。

しかもこの認定こども園に入園するには
お母さんが働いていないといけないなどの
制限はありません。

全ての子供が平等に資格があります。


こども園の問題点とは?


まだまだ始まったばかりの制度なので
その仕組みが安定していないことです。

さらにまだ取り組んでいる施設が少ないので
どこも定員オーバーしていて
早くから入園の手続きをして
面接を行い合格しなければ入れないのが
現状のようです。

はやく広まるといいですね。


特徴や保育料は?


認定こども園の特徴は

・保育時間が比較的長い

・保育と教育、両方行ってくれる。


デメリットとしては

親が働いている、いないにかかわらず
入園できるのがメリットなのに
どこも定員オーバーしてるのが
現状の為、実際には結局
共働きの親が優先に入園している結果になっていることです。


保育料は?

認定こども園はあたらしい施設ではなく
新しい取り組みと言えます。

つまり新しい校舎を一から作るのではなく
今まであった、保育園、幼稚園が

預かり保育の時間を増やしたり
教育の内容を充実させることで
一定の基準を満たして

こども園と認定されるのです。

なので今ある保育園や
幼稚園の金額と変わりません。

なので大きく分ければ
私立と公立で大きく金額は違います。


園の方針は全て園長次第


実際に色んな幼稚園、保育園を見て回って分かったのですが
それぞれの幼稚園は同じように見えて

個々に特徴があります。

もちろん施設の新しい古いなど
建物の特徴もありますが、

園の方針というものが全く違うのです。

・宗教関連の園

・子供の教育に熱心な園

・運動機能の向上に熱心な園

・とにかく放任主義の園

・子供をあまり遊ばせない園

・英語を勉強できる園


私が驚いたのは
親からの「子どもの服を汚さないでほしい」
といったクレームに対応するため

砂場にブルーシートをかぶせて
一切子供たちに砂を触らせないように
していた園があったことです。


またお弁当をもっていくところと
給食が出るところもあります。

おやつでいっても
手作りのところと
そうでないところがあります。

親からのクレームに必死なところと
親をしかる園長がいるところがあります。

これらの違いを見て思ったのですが
すべて園長の方針によって違います。

私の見てきた経験で言えば
園長がしっかりしているところは
保育士さんもニコニコしていて
とにかく安心できます。


保育園、幼稚園といっても
ここに全く違うのです。


なので認定こども園も
結局は園長の良し悪しで変わってくるでしょう。


悪い園長が・・・


ニュースで児童売春をしていた
園長が捕まっていましたが
とても悲しい事件ですね。

そんな所に預けてしまっていた・・
という親の気持ちと

あの園長先生が・・・
という通っていた生徒たちの
複雑な気持ちが聞こえてくるようです。


子供を通わす園をどこにするのか
たくさんの選択肢があって
見極めるのが大変ですが

この認定こども園で
一定の基準が敷かれることは
良い事でしょうから

これからもっともっと
改善、鮮麗化されて

子供たちにとって最適な
環境が作られるといいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ