スクールソーシャルワーカーとは?なるには資格がいるの?給料はいくら?

スクールソーシャルワーカーについて
資格や給料などを調べていきます。

スクールカウンセラーと似ているので
同じと思っている人が多いようですが
厳密には仕事内容は全く違います。

一体どんな職業なのか?
詳しくまとめていきます。

スクールソーシャルワーカーとは?


スクールソーシャルワーカーとは
教育機関で社会的弱者の福祉相談に乗ってくれる職業のことです。

似た職業でスクールカウンセラーがあるのですが
スクールカウンセラーは生徒の悩みを聞いて、
人の悩みに寄り添い
相談に乗ることが主な職務内容です。

それに対してスクールソーシャルワーカーは
経済的な問題の悩みについて
福祉的な手続きの相談に乗ってくれます。

例えば「お金がなくて、進学できない」といった悩みに対して
あなたは、手続きをすれば
国からこういった援助を受けることが出来ますよという
アドバイスを具体的にくれます。


今まで自分で調べなければ
どういった補助金を自分が受けられるのか
分かりにくかったのですが

このソーシャルワーカーの存在によって
自分がどういった援助を受けられるのかが
気軽に聞けるようになります。

スクールソーシャルワーカーの存在で
今まで経済的な理由で進学できなかった生徒たちが
みんな平等に自分の進路を選択できると
期待が高まっています。

また家族・教師・友人など
悩んでいる生徒の周りの人間関係や
地域の環境を考慮して
それらの関係のなかで活動するといった活動を行います。

スクールカウンセラーは
悩んでいる生徒の心を分析し
その個人の心の生理をするのが特徴的でしたが

スクールソーシャルワーカーは
生徒悩みに対して
その環境から悩みを解決していきます。




今まではスクールカウンセラーの導入が
全国的に広まっていましたが

近年はスクールソーシャルワーカーの導入も
スクールカウンセラーと共に注目されています。


この二つの職業が上手く連結することで
近年増加傾向にある
「虐待」の問題について
色々な角度から解決に向けて
動くことが出来ると期待が高まっています。




スクールソーシャルワーカーの資格は?


・社会福祉士の資格を持っている
・精神保健福祉士の資格を持っている
・臨床心理士の資格を持っている
・大学又は大学院等のスクールソーシャルワーク教育課程を卒業した


これらのどれかを満たしているとなれるようです。


スクールソーシャルワーク教育課程とは


続きます。





日本スクールソーシャルワーク協会というものがあります。
この協会で「総会&研修会」というものが
年に数回行われています。

2015年度の定員は100名のようです。

参加費は2015年度会員は無料、
一般1,000円となっています。

申し込みは事務局に直接申し込むようです。
協会のリンクを貼っておきますね。

日本スクールソーシャルワーカー協会

給料はいくら?


スクールソーシャルワーカーとして
教育機関に雇われた場合、

その教育機関での給料に相当するようです。

区の求人を見つけたので
例として載せておきます。


勤務条件
(1)勤務日数 週4日(30時間勤務)
※休務日:日曜日、祝日、年末年始

(2)勤務時間 【早番】午前8時45分~午後5時15分
【遅番】午前10時45分~午後7時15分

(3)報 酬 月額 300,000円)
別途、通勤手当の加算あり

(4)各種保険 社会保険、雇用保険あり

(5)出張旅費 交通実費相当額支給

(6)有給休暇 あり

(7)そ の 他 退職金制度、昇給制度なし


結構手厚いですね。

人の為になれる仕事ですし、
今後人気が出そうな職業ですね。


最後に


これからスクールソーシャルワーカーを
導入した学校がどんどん増えるようです。



ソーシャルワーカーのおかげで
日本の子供の未来が明るくなるのは
素晴らしい事ですね。


コメントを残す

このページの先頭へ