絞扼性イレウスの症状や原因は?治療法や手術法は?早期発見するためには?

絞扼性イレウスの症状や原因について
調べていきます。

治療法や手術についても詳しく見ていきます。



絞扼性イレウスの症状は?


絞扼性イレウスと書いて
こうやくせいイレウスと読みます。

イレウスとは腸閉塞のことです。

なんらかの原因で
腸間膜の血管がしめつけられてしまい、
腸の血行が悪くなってしまう病気です。


腸が詰まって、腸の血流が途絶えてしまっている状態なので
お腹がとても痛くなり、吐き気をもよおして、
全てはいてしまいます。

完全に腸が詰まっている場合は
食べたもの全て吐き出してしまいます。

食べることは出来るのですが、
食べたものが詰まったところから
先に通らないので、

いったん詰まっているところで
滞留してしまい、
お腹が張ってしまいます。

吐き下しの病気には
胃腸風邪など色々ありますが

一番特徴的なのは
吐いたものが
緑がかっていることです。



原因は分からない?


腸が詰まる原因には、腸内部の問題と
腸の外部の問題、二つに分けられます。

内部が原因の場合は
・なんらかのものが腸に詰まっている

ということです。

なんらかというものは
大腸ガンであったり、
固くなった便などが当てはまります。

これらの原因のひとつとして
食事の問題が挙げられます。

腸外部の問題としては
・腸がねじれてしまっている
・外部から圧迫されている
などがあります。

これの原因のひとつとして
生まれ持ってそうなっている、
または肥満などがあげられます。


ですがはっきりとした原因は分かっていません。


治療法は確立していないの?


似た病気で十二指腸狭窄症というものがあります。

これも腸がつまっているという病気で
ほとんど同じ症状がおこります。

腸がつまっていて、
食べ物が通らないので

外科手術を行って腸の通り道を作る
治療法が確立されています。

手術を出来るだけ早く行うことが
ベストですが、患者の容体を見て
少し、時間をあけて手術をする場合は
点滴で栄養を補給します。

手術後もすぐにはご飯を食べられないので
点滴で栄養補給をし、

約1週間様子を見て
問題なければ流動食から
少しづつ食べ物を胃腸に流していきます。

その後問題なければ
約2週間ほどで退院できるようです。

ですが絞扼性イレウスの場合は
血管の血流を阻害しているとのことなので

血液が届かなくなったしまった組織が
壊死してしまいます。

これが問題で全身に被害がおよぼすのです。



手術は出来ないの?


もちろん手術は行えますが、
その進行具合にもよります。

腸の一部が壊死している場合でも
その部分を切り取って、

健康な部分を繋ぎ合わせる手術も
行えます。

ですが壊死した部分が広がりすぎていたりすると
手遅れにもなる恐ろしい病気です。

出来るだけ異変に気づいたら
病院にかかることが必要です。




実は


実は私の息子も腸の病気でした。
これは先天的なものでした。

まったくミルクが通らず、
全て吐き出して、体重がみるみる減り、
点滴で栄養を補給していました。


今は手術を行って、元気に育っています。


この記事を見ている人に伝えたいのですが

子供が腸の病気になると
本当はすごくお腹が痛いのに

すごく気持ち悪いのに

それを言葉にできない、
表現できないのです。

これが一番怖くて
親がずっと気にかけてみて
やるしかないのです。

そして信頼できるお医者さんを
見つけなければいけません。


妊娠中、お腹の中で本当は
ずっと苦しかったんだろうなと考えたら、
今でも胸が痛みます。


どうしてもっとはやく
気づいてやれなかったんだろう、

どうして健康に産んでやれなかっただろう

そればかり考えてしまいます。


今では元気に育っている息子ですが
まだしゃべれないので、

これからも注意深く見てあげなければと
ずっと思っています。

 
病気はどこに潜んでいるか分かりません。

子供の最初のSOSは親しか気づけません。


うちの子は大丈夫だと思わずに
注意深く見てあげてください。




コメントを残す

このページの先頭へ