ドローンの犯人は誰?宗教関連か?それとも自作自演か?恒心教って何?

総理官邸にドローンを墜落させた
犯人は誰なのか?

犯人は宗教に関連しているのでしょうか?

ネット上では自作自演という説も出ています。

今回は考えられる候補と
ネットで上がっている候補を
まとめていきます。

ちょっと気になったのですが
恒心教というものがネットで自分が犯人だと
言っているようですが
これは本気なのか?冗談なのか?

ここも詳しく見ていきます。


ドローンが総理官邸に墜落した件


4月22日に首相官邸屋上に
小型無人機「ドローン」が見つかりニュースになりました。

4月22日午前10時20分頃に、
官邸職員が新人の職員を案内するために
屋上に行った際にドローンを発見したそうです。


ドローンとは?

小型の無人機です。

今回見つかったのは市販で売られている
タイプのようです。

ネットで検索するとすぐに
でてきました。

いくつか種類はあるようですが
このタイプが一番オーソドックスで
売れているようです。

ドローン カメラ付き ラジコンヘリコプター 楽天

ドローンの価格は?

値段はタイプによって様々のようです。


これは3500円ほどです。
楽天ショップで一番安いようですね。



↑これなんか17万でした。
超高い。

値段の違いはクオリティに
あらわれているようです。

ライトはLEDかどうか、
操作はしやすいのか?

コントロールがきく距離の違い、
スピードなどが違うようです。


ドローンの犯人は誰?


考えられるのは

・宗教関連

・個人の悪戯

・政府の自作自演

・テロ

これらです。
上記にあげたものはツイッター上で
既に話題に上がっているものを
抜粋しました。

宗教関連か?


実はツイッターで自分が犯人だと
いっているアカウントがありました。

名乗り出たアカウント

リンク先に名乗り出たアカウントがあります。
ツイッター上で以下の文章をつぶやいています。

恒心教の教祖 唐澤貴洋 に 
「ドローンを総理官邸に墜落させろ」 と言われました
仕方なかった 教祖のため 仕方なかった 私が犯人です


なんだこいつ。

恒心教って何?



コイツは一体何を言っているんだ?
と思ったのでまず恒心教というものを
調べてみました。

するとどうやら
ちょっとふざけた内容でした。


ただ21日にグーグルマップで
皇居などが恒心教に乗っ取られたようです。


waraota

ちなみに下の方に
「オードリー春日トュース」
ってあります。(笑)

これは完全にふざけてますね。(笑)

ちょっと笑ってしまった。

どうやらこれを行ったと思われる
恒心教という集団は
単純に宗教集団と言うわけではなく

オウム真理教が話題になった時に
それにのっかって現れた
ネット発のおふざけ集団、または個人のようです。

「恒心教」とネットで検索したら
ウィキペディアもすぐに出てきたので

見ていたのですが
何かおかしいな?と思って

よくよく見て見ると
ウィキペディアによく似せたページでした。


このページを作ったひとは
とてもネットの扱いが上手な人のようです。

ただ冗談ですむような
すまないようなグレーゾーンにいますね。

個人的にはおもしろいなと
思ってしまったのですが。

春日トュースのセンス(笑)


ただドローンが首相官邸にあらわれた
2日前に乗っ取られていたということが
気になりますね。

自作自演か?


もうひとつ言われているのが
「ドローン取り締まりの口実にするために、
政府自身が自作自演したものではないか?」


というもの。


今ネット上ではこの説が独り歩きしているようですね。

ただ誰かがツイッター上で
「もしかしたら」のつぶやきをしたのが
始まりの様なので全く根拠はないようですね。

現在警備も強化されているようですし
そこまでしてパフォーマンスを
警察がするかと言われると

私はしないと思います。


気になるのはドローンを規制するためとのことですが
ドローンはそんなに危険なものなのでしょうか?

ドローンの危険性は?規制の必要は?

私の認識では人間が到底けないような密林などに
ドローンを飛ばすことによって

人間が踏み入れない場所の撮影が出来る
それがドローン!みたいな感じでした。


実際に鳥が飛んで見ているときの
映像が見れると話題になりました。


ですがその画期的な発明ゆえに
悪用しようと思えば色々使い道があるようです。


ネットで言われているのが

・隠し撮りが出来る

・空から有害物質を巻くことが出来る。

・他人の敷地に気軽に入り込める



一番厄介なのが
誰が操作しているのか分からない
ことだそうです。


もし誰かに嫌がらせをしようと考えた人がいたら
自分の身を隠して嫌がらせを行うことが
可能なのです。

こう考えるとやっかいですね。

最後に


やはりどんな発明でも
使うのは人間だということです。


規制は確かに必要でしょうね。

特定の所でしか飛ばせないようにしたほうが
いいと思います。

住宅地、町中に飛んでいたら
正直深いです。

広い公園などに限定した方がいいですね。



もし自分の家の庭に
他人のドローンが飛んでいたら
私は絶対に破壊しに行くと思います。(笑)

もし撮影で使うようなら
許可が必要など
これから色々と決めることがあるようですね。



それでも画期的な発明品といえますし、
意外と手ごろな値段で買えるのが魅力だと思います。


ドローンと上手く
付き合っていけるといいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ