エコキャップ推進協会の噂とは?売り上げはいくら?役員報酬は?

エコキャップ推進協会には
以前から色々と噂があったそうです・・・。

エコキャップ推進協会がワクチン代を
寄付していなかったとしてニュースになっていますね。

ekoko

今回はエコキャップ推進協会の
噂について調べてまとめていきます。

協会の理事長についてはこちらの記事にまとめています。

関連記事:エコキャップ推進協会理事長の矢部信可ってどんな人?

エコキャップ推進協会とは?


エコキャップ推進協会とは
ペットボトルのフタを回収して集め売却し、

売却利益はワクチン代や
障碍者施設などに寄付する協会です。


どんな活動をしているの?

エコキャップを集めた人が
エコキャップ専用袋を購入し
430円の送料を払って
協会に集めたエコキャップを送ります。

そして協会本部から
領収書が届けられます。


・・・え??

エコキャップ集めた人達めっちゃ損やん。

ちなみにエコキャップ1㎏(430個)で
10円の売却利益です。

さらに専用の袋は20枚セットで1400円です。

そのお金そのまま
寄付した方が早いような。


売り上げはいくら?

エコキャップ1㎏(430個)で
10円の売却利益がでます。

そして平成25年度の
収入合計は91,195,218円です。

ちなみにキャップの売却利益の他に
5,450,000円の寄付があったそうで
これも収入合計に含まれているとのこと。

たくさんの人達がエコキャップを集める活動に
協力、参加していたのですね。



役員報酬は?

役員は15人いて計148万円支払われていたそうで
一人あたり9~10万ほどですね。

ですが平成23年度には経費179万円だったのに

次の年の平成24年度は約3,300万円になり

さらに平成25年度は約6,300万円にもなっています。

いきなり増えていますね。



ちなみに協会は平成13年に二つに分裂しているのですが
経費が激増した時期と重なります。

方針が変わったのでしょうか?

エコキャップ推進協会の噂とは



割に合わないお金
エコキャップ1袋分集めて
協会に贈ろうとした場合
500円実費で負担しなければなりません。

そしてそのエコキャップ1袋の
売却利益は10円です。

そもそも500円寄付した方が早いのですね。

このことに対して協会は

ワクチン代を寄付することではなく、
キャップのリサイクル活動に参加することによって、
資源や環境や貧困など、世界が直面する様々な課題について
、学び、考え、行動する機会を提供することである。


と協会のホームページにつづっています。

いきなり経費が18倍

先にも述べましたが
平成23年度は経費179万円だったのに
平成24年度は約3,300万円になっています。

何が起きてん。

1年間寄付金を払っていない。

今回ニュースになっている話題ですね。
もともとエコキャップ推進協会は
世界の子どもにワクチンを日本委員会を
寄付先にしていたそうですが

この委員会が
「寄付金を受け取っていない」と
内容証明郵便を送ったそうです。

高級回収ボックスを販売している。

協会は60Lで7,500円の
回収ボックスを販売しています。

ですがこの売り上げは
寄付金に回されません。

ちなみにこれです。

gomigomi

他に45L6000円と
30L5800円があります。


協会は分裂していた。

実は協会は「エコキャップ推進協会」と
「全国障害者福祉援護協会 エコキャップ推進協会」
に分裂しています。

内部で意見の食い違いがあったのでしょうね。

この時に前運営者だった間野和彦さんが
「全国障害者福祉援護協会 エコキャップ推進協会」に
いきました。

そしてエコキャップ推進協会には
矢部信可さんが理事長を務めることに。

前運営者が不信がって分裂した

今は全国障害者福祉援護協会理事長で
エコキャップ推進協会の前運営者だった間野和彦さんが
2つに分かれた理由として

「疑念と不信を持つに至りました」と
旧ホームページで表明していたそうです。

そしてその後新ホームページが作られ
今のエコキャップ推進協会から反論されました。

最後に


今後改善されてもっといい方向で
みんながリサイクル活動に参加したり
考えたり出来るようになったらいいですね。

関連記事:エコキャップ推進協会理事長の矢部信可ってどんな人?


コメントを残す

このページの先頭へ