エコキャップ推進協会理事長の矢部信司ってどんな人?何故寄付しなかったの?

理事長の矢部信可さんは何故寄付しなかったのでしょう?

エコキャップ推進協会がワクチン代を
寄付していなかったとしてニュースになっています。

ekoko

そもそもエコキャップ推進協会って何ぞや?
と知らなかったので一体どんな協会なのか?
代表、理事長は一体どんな人なのか?

調べていきます。

関連記事:エコキャップ推進協会の噂とは?

エコキャップ推進協会って何?


この協会は神奈川県の女子高校生が
「エコキャップを捨てるのはもったいない」との
声をあげたことから始まった運動だそうです。

ペットボトルのキャップをゴミとして処分するのではなくて
再資源として利用しようというものです。

エコキャップ推進協会はキャップを集めて
そのキャップを売却し
その利益を寄付している協会です。

理事長の矢部信司ってどんな人?


現在は理事長は

「(キャップを集めている協力者を)裏切り、申し訳ない」

とコメントしているそうです。

一体どんな人なのでしょうか?

調べていきます。

◆矢部信司

◆エコキャップ推進協会理事長


詳しい情報はあまり出てきませんでした。

ですが実はこの方の前に他にエコキャップ協会を
運営していた人がいたそうです。

そして協会の中で意見が分かれたのか
協会は2つに別れてしまいました。

そして前任者の人は別に協会を立ち上げ
矢部さんが新しく理事長になりました。

ちなみに
「特定非営利活動法人エコキャップ推進協会」と
「特定非営利活動法人全国障害者福祉援護協会 エコキャップ推進協会」
の二つに分かれたそうです。


なぜ分裂したのか?
元運営者だった間野和彦さんが語ったのは

「疑念と不信を持つに至りました」

とのこと。


エコキャップ推進協会には役員が15人いて
報酬計148万円が渡されているそうです。
1人9万~10万ですかね。


ちなみにエコキャップは
1㎏(大体430個)で10円になります。

たったこれだけのお金にしかならないのに

エコキャップの売り上げは
5000万円以上にもなっていたそうです。

みんな一生懸命集めていたのですね。



気になるのは平成23年には
経費が179万だったのに
次の年には約3,300万円に。
さらに次の年には約6,300万円に。

いきなり増えましたね。

後半に続きます。



続きです。

何で寄付しなかったの?


真っ先に予想できたのは役員たちの懐に
利益が入っているのではないかということです。


ですがエコキャップは
430個集めて10円の利益になるとのこと。

もはや150円のペットボトルのジュースを買うことに
疑問を感じなければいけないレベル。

協会を運営する方が
コストがかかるのではないのでしょうか?

NPOの家賃や人件費、送料なども必要でしょうし。


ちなみにエコキャップを集めて
協会に送ろうと思ったら
1袋500円の実費負担になります。

そして協会に10円の売却利益がでます。

そのまま500円寄付した方が
早い気がしますね。


協会は寄付しなかった理由として

「障害者施設と連携してキャップのシールをはがしてもらうなど、
リサイクルの仕組みづくりに集中しているため」


と言っているそうです。


平成25年度には91,195,218円もの
収益を協会は得ています。

そうとうな数のキャップが
集まっていたのですね。


ちなみに
協会は回収ボックスを販売していたそうです。

この回収ボックスの値段は
60リットル7500円です。

安くはないですよね。


この回収ボックスの売り上げは
寄付に回されていなかったとのこと。

売り上げたお金はどうなっていたのでしょうか。


色々と内部事情があるのかもしれませんが
今後改善されて、みんなが気持ちよく
リサイクル活動に参加できるようになったらいいですね。

関連記事:エコキャップ推進協会の噂とは?


8 Responses to “エコキャップ推進協会理事長の矢部信司ってどんな人?何故寄付しなかったの?”

  1. やました より:

    矢部、詐欺師ペテン師では言い表せないほど巧妙な人物です。まだまだ追求の余地は有ると思います。人を人と思わぬ野心、私欲を満たす為には手段を選ばぬ行為、バチが当たったんでしょうと皆笑っているでしょうね。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      調べれば調べるほど、不信な点がいくつも出てきたので驚きました。
      このニュースはもっと追究していくべきだと思いますね。

      そして本当に申し訳ないのですが
      禁止ワードが含まれていたので
      コメントを一部編集させてもらいました。
      せっかくコメントを頂いたのにすみません。

      ですが私のブログの記念すべき
      初コメントなのでとっても嬉しいです。

      今後も頑張って更新していきますので
      良かったらたまに覗いてみて下さいね。

  2. Noblesse Oblige より:

    業界関係者です。

    そんな事言い出したら、既に世界で99%ポリオが撲滅しているにも関わらず「ポリオワクチンでポリオ撲滅を」といってる、JCV(世界の子供にワクチンを日本委員会」のほうが怪しいですし、彼らは実際にエコキャップから集めた寄付金のうち50%もポリオワクチンに使っていない事のほうが問題でしょ。

    JCVに日本ユニセフの理事複数が入ってますし、理事長の細川氏自体、かなり怪しいです。

    そもそもフォーカスする点が「エコキャップ推進協会」にのみ当てられている点が間違っている。

    彼等にも落ち度はあり、方向転換する際にも事前にキャップを集めている人達に情報共有し納得して頂く必要があるかと思います。

    しかしながらネットで「詐欺だ」とか、NPOの内情も知らずに叫ぶ人達がいますが、彼等自身が「日本ユニセフ協会」と国連の「ユニセフ」が全く関係ない団体だという事を知らない。

    「日本ユニセフ協会」は国連のユニセフに「のれん代」を払う事を条件に「ユニセフを語って日本における寄付金活動をする」許可をもらっているだけです。 

    そんな人達にネット上でのみ叫ぶ資格はないですね。 ロンドンハーツの「敦」も、ポリオが既にほぼ撲滅してる事すら知らずに「活動」していると思います。

    日本の著名人や芸能人がするCSR活動や社会貢献の姿、欧米より20年は遅れてますね。

    • 管理人 より:

      詳しい情報とごもっともな意見ありがとうございます。

      私は外部の人間なので
      その詳しい実態は分かりませんが
      少し調べただけでこれだけ不審な点が出てくるのは
      おかしいなと思いました。

      この問題の一部、側面しか見れていないかもしれませんが
      一般人の印象は私の書いたブログ記事のまんまだと思います。

      今回たまたまニュースになった
      エコキャップ推進協会だけでなく

      世の中の寄付活動が全て
      信用できるものになればいいなと思います。

      情報、コメント、ご意見、本当にありがとうございました。

  3. エコキャップ運動に物申す より:

    たしかにJCVも怪しいですね。

    理事に日本ユニセフが2人も入っているし、事務局長の名前をググッたら、外務省の天下りのようですね。

    エコキャップ協会と同じで、寄付が理事の懐や所属会社に流れているのではないでしょうか。

    • 管理人 より:

      調べるとNPO法人自体
      かなり怪しげな団体が多いみたいですね。

      もちろんまっとうな団体の方が多いので
      一概には言えませんが・・・。

      コメントと情報ありがとうございます。

コメントを残す

このページの先頭へ