チェルシーってどんなチーム?なんでお金を持っているの?応援歌は?

FC東京の日本代表FW武藤嘉紀選手が
チェルシーに正式オファーを受けたそうです!

Chelsea_FC_by_hybrid101

なんとその額400万ポンド(約7億1000万円)!

一体チェルシーとはどんなチームなのでしょうか?
そしてなんでそんなにお金を
もっているのでしょうか?

応援歌など、どんどん調べてまとめ行きます!

関連記事:武藤嘉紀選手はは英語を喋れるの?コミュニケーションの取り方は?

チェルシーってどんなチーム?


イングランドのプレミアリーグで
強豪のプロサッカークラブです。

ファンからは「ブルーズ」(The Blues)と呼ばれて
親しまれているようです。

外国人のスター選手を大量に獲得する経営手法を
チェルシーが確立していて、
「多国籍軍団」と言われています。

応援歌は「Blue is the colour」です。
youtubeで動画を見つけました。

Blue is the colour」

マスコットキャラはスタンフォード・ライオンです。

ユニフォームはこれです。


なんでお金を持っているの?


世界で4番目に平均年俸が高いクラブとして
知られています。

チェルシーFCの平均年俸は約679万ドルです。

チェルシーは過去に実業家などに
支援してもらい、資金を獲得しました。

そして外国から有力な選手を獲得することで
チームが強くなり、そしてファンも増えていき
収入がアップしたようです。

2015年から5年間
タイヤ・ゴムメーカーで有名な日本の横浜ゴムも
ユニホームの胸部スポンサーになりました。

2012-13のクラブの収入3億340万ユーロで
世界第7位だそうです。

お金もってますね~!

これで有力な選手をたくさん集めているのですね!

そりゃ強いはずだ!

最後に


多国籍チームという事で武藤嘉紀選手も
やりやすいかもしれませんね。

外国の選手を受け入れるための
体制もととのっていそうです。

将来性にオファーしたとのことですから、
武藤嘉紀選手の今後の活躍に注目です!


22歳に7億円・・・。

すごい世界だ・・・。


コメントを残す

このページの先頭へ