マツコロイドが進化!仕組みや機能は?費用は?どこの企業が作ったの?

マツコロイドが世界初のアンドロイドバラエティー
「マツコとマツコ」という
テレビ番組のレギュラーとして出演します。


matuko


似すぎいいいい!

こわいいい(゜_゜>)

今回はこの不気味なマツコロイドについて
詳しく調べていきます!

どうやら以前「月曜から夜更かし」に
登場したときよりも
今回のレギュラー出演に向けて
大幅に進化したそうなので

一体どんなところがグレードアップしたのか
見ていきたいと思います。


マツコロイドってなに?


マツコロイドとはマツコデラックスさんを
忠実に再現したアンドロイドです。

最先端の技術を使って開発されました。

本物のマツコについて

マツコ・デラックスさんは
1972年10月26日生まれの男性です。


本名は松井貴博さんといって
恋愛対象は男性で、女装タレントです。

現在は人気タレントとして
多数のレギュラー番組をもつ売れっ子です。


体重は140キロでさらに女装と言う
見た目のインパクトにもまけない

的確なコメントで老若男女から人気があります。


そんなマツコデラックスさんが
マツコロイドと初めて対面したときは
「不気味」と発言していました。



一体どこが進化したの?


レギュラー化に向けて、
表情や動きなどがさらに進化したそうです。

表情や動きってけっこう
人それぞれクセがあるので
そこまで一緒だったら、
まさに本物と違いがなくなりますね。

アンドロイドなので、どうしても
モーター音が出るのはしょうがないのですが、

後はこのモーター音をなくすことが出来たら
こっそり本物と入れ替わっても分からなさそうですね。


仕組みや機能は?


眼球にカメラが内蔵されているそうで
リアルタイムで遠隔操作や
プログラム動作の再生が出来るとのこと。
 

さらに皮膚は特殊シリコンで作られていて
頭髪・睫毛・眉毛は人毛が使われているので
本当の人間のようです。

ちなみにマツコロイドは85キロだそうです。

本物よ大分軽いですね。

制作費用はいくら?


マツコロイドの開発には1000万以上の
お金が投資されたとか・・・。


一体何のために・・?

と疑問を抱いてしまう金額ですね。


続きます。





とうろで一体誰が作ったのでしょうか?

気になって調べてみました。

どこの企業が作ったの?


どうやら電通と電通テックが
エーラボ、ナチュラルエイトと共同で開発したそうです。


最後に


ドラえもんが完成する日も
遠くないかも知れない!

とわくわくしますね!

これからマツコロイドが
どんな進化をするのか楽しみです


コメントを残す

このページの先頭へ