久野静香が漁師に!苦手な生ものを克服した方法とは?

日本テレビのアナウンサーの久野静香さんが
世界仰天ニュースで漁師に挑戦していますね。

kuno

必死に頑張る姿が可愛いと話題なのですが、
実は生ものが苦手だそうです。(笑)

今回は久野アナウンサーについて
調べていきたいと思います。



◆久野静香

◆日本テレビ女子アナウンサー

◆1989年3月27日

◆父親はCBCテレビの久野誠アナウンサー



お父さんもアナウンサーなのですね。

ちなみに久野誠さんは地元では
「中日ドラゴンズのご意見番」な存在だそうです。

久野静香アナがテレビ局に入社したのは
少なからずお父さんの影響を受けているのかもしれませんね。


久野アナは「世界仰天ニュース」で
漁師になるという企画を行っています。

久野アナはソフトボールをしていたことがあり、
運動神経は抜群だそうです。

さらに乗り物酔いもしたことがないそうで、
まさに漁師に向いているともいえます。

この前は購入食材であるカニとウニを狙って
極寒の海に立ち向かっていく様子が
テレビで放送されました。

ベテランの漁師さんに
「素人には1つもとれない」
と断言されたのにも関わらず

なんと2時間で14個ものウニをゲットしていました。
凄すぎますね(笑)

ですが、なんと久野アナは生ものが大の苦手だそうです。

せっかく漁師の企画で才能を発揮したのに
食べられないなんて切なすぎる・・・!

ですが、波が高くなっても必死に漁を続ける
漁師さん達の姿をみて考えが変わったそうです。

久野アナに「大切に食べよう」という
気持ちが芽生えたそうです。

食べ物の好き嫌いを治すには
その食べ物のありがたみを
理解することが大切なのかもしれませんね。

久野アナはこの企画でミズタコ漁にも
挑戦するようですが

ミズダコと言えばタコ類最大の大きさで
3~5メートルはあります。

普通ならその全体像を見ただけで
びっくりするような大きさです。

さらに普通のたこと違って
茹でて食べるよりも、
ミズダコは刺身で食べるのが一般的です。

生ものが苦手な久野アナが
トラウマにならないかが心配ですね。

生ものが苦手な人にしたらちょっと
刺激的すぎるかもしれませんよね。

タコしゃぶも美味しいので
ぜひ久野アナにはタコしゃぶを試してもらいたいです。

漁師といえば力仕事も多く、
男性が活躍する職場です。

そんな中で女性の久野アナが
頑張る姿には感動してしまいます。

今後も体当たりで頑張る女子アナとして
活躍し続けてほしいです。


お父さんの影響で中日ドラゴンズの大ファンだそうですから
スポーツ番組で活躍する日もくるかもしれないですね。


コメントを残す

このページの先頭へ