山田孝之主演『REPLAY&DESTROY』の原作は?脚本や企画は?主題歌は?

4月28日にTBSテレビでスタートする
REPLAY&DESTROY/リプレイアンドデストロイについて
調べていきます。



REPLAY&DESTROYとは?


山田孝之さん主演で以前auのリスモチャンネルで
配信されていたケータイドラマが

今回山田孝之さんが発起人となって
今回のテレビドラマ化となりました。


予告の動画があったので載せておきます。

予告動画

なんだか深夜ドラマ特有の
ゆる~い感じがしますよね。


プロデューサーいわく、

「監督もキャストもかなり個性の強い人達が集まったヤバいドラマ」

とのことなのでこれは期待できそうです。


REPLAY&DESTROYの原作は?


原作はあるのか調べてみました。

ですが、どうも出てきませんでした。

監督が企画・脚本ともに務めているそうです。

監督は「飯塚健」さんで
小説家と言う顔も持っているので
この方が一から原案を考えたのかもしれませんね。



REPLAY&DESTROYの主題歌は?


主題歌はアジカンの
「Planet of the Apes / 猿の惑星」に決まりました。

アジカンとは「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)」
の略語で、日本の4人組ロックバンドです。

アニメ「鋼の錬金術師」や「NARUTO -ナルト-」
「BLEACH」のオープニングテーマを手掛けたりと
実績のあるグループです。


疾走感のある音楽が特徴で
20代から30代に人気があるようです。

アジカンは大学卒業後
それぞれが会社員をしながらバンド活動を行い

自主制作でアルバムを制作し、
ライブ会場で手売り販売をしたり、インターネットで販売を行うという
地道な活動を続け、さらに自主企画を行って
ライブを行うという活動をつづけました。


そうした活動が実を結び『崩壊アンプリファー』がヒットし、
そしてメジャーで再リリースされました。


そして転機となったのがアニメ「ナルト」の
オープニングになり、世界的に人気のアニメの
主題歌となったことで一気に知名度があがりました。


夢をあきらめずに、自らの道をすすみ
夢を掴んだアジカンに

今回のドラマの主人公である
口が達者でフリーターという
個性的なキャラに

共通点があったのかもしれません。

プロデューサーが「キャストも監督も個性的」
といっていることから

主題歌を歌う音楽グループも
個性的なアジカンを選んだのかもしれませんね。




終わりに



深夜ドラマながら、濃いキャストと
音楽、スタッフが揃った
本当に面白そうなドラマです。

山田孝之さんいわく

「監督がおもしろくて、この人に媚び売っとけば
今後メシが食べられると思って。」

とのことなので、そんな監督が手掛ける
今回のREPLAY&DESTROYが本当に楽しみです!


コメントを残す

このページの先頭へ