田邊優貴子のブログはfacebookへ!南極に行ってる間にLINEが乗っ取られる!

2015年3月22日放送の情熱大陸に
田辺優貴子さんが出演します。

tanabe

関連記事→田邊優貴子が南極に向かう理由!年齢や経歴は?極地で見た地球の姿とは?


田邊優貴子さんは東京都新宿区在住の
1987年12月13日生まれの女性で
友人からは「うっこ」と呼ばれているようです。

年齢は28歳です。
兄弟はお兄さんが一人いるみたいです。

田辺優貴子さんのブログを見て見たら
今後の更新はfacebookで行うとのこと。

Facebookにも同じことを書いているので、
もはやFacebookがブログと化してきた。
ということで、効率化を図り、
ブログ的なものはFacebookをご覧下さい。(ブログより引用)


田邊優貴子さんってどんな人?


田邊優貴子さんは
日本の生態学者であり博士です。
早稲田大学で助教授もしています。

28歳という若さで
文部科学省などから数々の表彰をされている
実績のある学者です。

南極や北極など厳しい環境で生きている
植物や湖沼をメインに研究しているようです。

また研究の為に自ら南極と北極に行って
過酷な環境に立ち向かっていきます。



簡単に南極や北極に行くといっても
実際はとてつもなく大変なことです。

南極や北極に行くまでにまず3日は
かかるようです。

そこまで時間をかけて向かい、
南極についてからはもちろん
お風呂に入ることはできません。

さらに、夜はテントが激しいブリザードで
飛ばされるおそれもあるので
ゆっくり眠ることもできません。

その女性とは思えない行動力に
「極みガール」と呼ばれているようです。


田邊優貴子が極地の生き物を研究する理由は?


なぜ田邊優貴子さんは
こんな極地にすむ生き物に興味を持って
研究しているのでしょうか?



どうやら子どもの頃に
テレビでアラスカの映像を見て衝撃を受けたそうです。
その頃からずっと極地に憧れていたみたいです。

天才と呼ばれる人は
人と興味を持つところがちがうんですね。



また2009年に田邊優貴子さんは
南極の湖の底に尖塔状の緑の森を発見し、

それは何万年もの間に蓄積した
苔類や藻類そしてバクテリアだと
いうことが分かりました。

これです。
koke


この事で人の手がまだかかっていない極地には

「生まれたての地球の姿がある」

とロマンを感じたようです。

また自分がこの世になぜ生まれているのか?
その理由がわかるかも知れないという
あくなき探究心が彼女を突き動かすようです。

なぜ極地に向かうのか?について
ご本人が動画で語っているのを見つけたので
乗せておきます。

素敵な地球の果て・インタビュー動画


日本を長期で離れている間に問題も・・



なんと優貴子さんが日本を離れている間に
LINEのアカウントを乗っ取られてしまったようです。

nottori

乗っ取られた優貴子さんのLINEのアカウントで
詐欺メッセージが贈られていたそうです。

この詐欺メッセージが届いた
優貴子さんの友人たちはすぐに
乗っ取りだ!と気づいたようで
素早い対応をしたようです。

そのおかげで大事には至らなかったようですが
怖いですね。

乗っ取られた原因については
チェコでLINEにログインしたせいかもしれないと
優貴子さんは言っています。




最後に


田邊優貴子さんはまだ人間が足を踏み入れたことが
ない領域に、率先してどんどん進んでいきます。

彼女の強い興味が今後数々の発見をしてくれることを
思ったら、本当にわくわくしますね!


ですが、優貴子さんが安心して
極地に迎えるようにネットのセキュリティが
もっとしっかりしてくれるといいですね。


理想を言えば南極や北極でも携帯を使えたら
便利なんだろうけど、さすがに無理だろうな。


コメントを残す

このページの先頭へ