和楽器バンドのメンバーの顔と名前は?年齢は?

和楽器バンドを最近よくテレビで
見るようになってきたので
そのメンバーについて調べていきたいと思います。

顔と名前や年齢をしっかり見て行こうと思います。

和楽器バンドはその名のとおり和楽器でバンドを
しているグループです。

尺八と筝三味線、和太鼓の和楽器に加えて
ギターとベース、ドラムの洋楽器で演奏しているようです。

ボーカルの鈴華ゆう子さんは
ミスニコ生2011に選ばれたり、
以前からネットの世界で有名だったようです。
関連記事→鈴華ゆう子の年齢は?すっぴんやスリーサイズは?ミスニコ生2011とは?

メンバーの多くはニコ生で個人で注目を集めていたようです。

和楽器バンドは鈴華ゆう子さんがネットで人気になり、
さらに詩吟のコンクールで優勝、
そしてシンガーソングライターとして活動していたのが始まりです。

ゆう子さんはメンバーを募り、
三人組の和風ユニット「華風月」を作りました。

そしてさらにメンバーを募り、
「華風月」に5人メンバーを増員して
「和楽器バンド」が誕生しました。


ニコニコ生放送という共通点を持った
異色のバンドともいえる
メンバーたちの素顔を調べていきます。

和楽器バンドのメンバー


鈴華ゆう子(すずか ゆうこ)

yuu

6月7日生まれ。
「ゆうこりん」というネームでニコ生で詩吟を配信していました。
その詩吟の師範だそうで、かなりの腕前です。

本格的な詩吟と可愛いルックスで
ミスニコ生2011に選ばれました。
(ニコ生でもっとも可愛い女性)

華風月と和楽器バンドのボーカル、ピアノも担当。


いぶくろ聖志

ikemen

1983年12月1日生まれの31歳。

東京都出身で高校生の時に、
文化庁の派遣で海外公演を多数行った
琴の実力者です。

和楽器バンドの他に蓮-REN、華風月のメンバー。

編曲等も行い琴と洋楽器のコラボなど、
琴を現代風にアレンジする
斬新な活動を行っているようです。

神永大輔

kakko

尺八を担当していて
1985年8月17日生まれの29歳。

なんと尺八を18歳から始めて、
すでに多数の海外公演を行っているそうです。
尺八講師として大学で講義をしているそうです。

「Crow×Class〜黒鴉組〜」という音楽グループで
響-hibiki-と名乗っていたみたいです。

「華風月」のリーダーのようです。

蜷川べに

kawai
めっちゃ可愛い。一日中見ときたい。

津軽三味線を演奏。
9月14日生まれで京都府出身だそうです。

幼少期から民謡や津軽三味線など、
音楽の教育を受けていたみたいです。

津軽三味線の演奏家としての顔の他に
モデル、女優の顔もあるようです。

動画サイトにソロでアニメソングや
ボカロ曲を演奏して投稿していたようです。


黒流 -kurona-

koku
和太鼓を演奏。

9才から和太鼓のプロ集団に入門して修行を行い、
独立を果たした実力者です。

すでに世界各国で公演、雑誌、テレビ、舞台で活躍しているそう。

「Crow×Class〜黒鴉組〜」という音楽グループでは
和楽器の他にボーカルも担当しているようです。

ちなみに東京ディズニーランドとディズ二―シーで
和太鼓の振付や指導も行っているそうです。



町屋

ou

ギターを演奏。
1982年9月13日生まれの北海道出身。

ニコニコ動画でギターを演奏している様子を配信して
かなり人気だったみたいですね。

130万再生を超える動画もあったそうでうす。

「m:a.ture」という音楽グループで
ギターとボーカルをしているようです。

和楽器バンドでは基本的にギターの他に
コーラスを担当しているようですが、
「ボカロ三昧」という曲では
ボーカルを務めたようです。

町屋という名前の他に桜村 眞(おうむら・しん)という
名前でも活動しているみたいですね。


亜沙

aza
ベースを演奏。
ちなみに男性です。

東京生まれ、埼玉育ちだそうです。
動画サイトで100万以上再生させた実力者です。
なんと小説家もされているようです。

100万再生された動画は「吉原ラメント」という曲だそうでう。

亜沙バンドという音楽グループも結成したそうです。


山葵(わさび)

waga
ドラムを演奏。
11月5日生まれの岡山育ち。
父親は中国人で父と母親は日中ハーフだそうです。
生まれは中国のようです。

ニコニコ動画で人気のドラマーのようです。

「ササキアキラ」という名前でも
活動しているようです。
メンバー内では最年少のようです。


まとめ


こうして見て見ると
女性は誕生日は公開しているものの
年齢は公開していませんね。(笑)



基本ヴィジュアル系よりなので
ミステリアスな印象が売りなのでしょうか?

そしてほとんどのメンバーが
和楽器バンドを結成する前から
既に実績のある人だったのですね。

実力者たちがネットで
集まってできたグループのようです。

そりゃ上手だわ。

和楽器バンドとしての活動はもちろん
個人の活動も今後気になりますね。

外国の文化を取り入れて
日本の文化が廃れていく中、
日本の伝統的な音楽が現代によみがえって
くれるのは、嬉しいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ