久住小春の反省!生意気が売り?卒業理由はいじめ?

元モーニング娘の久住小春さんが
15日放送の有吉反省会に出演するそうです。

kawai

今回はその反省するないようが
ブログでの「今日から○○します」詐欺らしいのですが、
一体どんなブログなのでしょうか?

またビックマウスともいわれていて
生意気との声もあるのでその生意気さ加減も
調べていきたいと思います。

またモーニング娘の卒業理由には
色々な疑惑(いじめなど)があるようなので
本当なのかどうか、真相を調べていきます。


◆久住 小春(くすみ こはる)

◆1992年7月15日生まれ

◆元モーニング娘のメンバー。女性雑誌「CanCam」の専属モデル。

◆166センチ


久住小春の半生とは?


ブログでたびたび「今日から○○します!」と
言っているそうですが、
実際は全くしていない、続いていないそうです。

・今日からアロマテラピーやってみます!

・今日から15分掃除します!

・今日から一週間鍋生活!

・今日から冷凍バナナ!

などとブログにつづっているそうなのですが、
すぐやらなくなるそうです。

「(モデルになった)きっかけは、ファッション誌見て、
私より可愛いモデルさんがいなかったんで」

などと過去に発言し、
ビックマウスと言われているようなので、
ついついブログでも気軽にはつげ


私は一時期、久住小春さんが太った時期があったので
その激太りについて反省するのかと思っていました。

モデルなのに、太ってごめんなさい!とかね。

futotta

結構この画像みたら別人ジャン!ってなりますよね(笑)
でも現在は痩せて元の体型に戻っているようですね。

モーニング娘を卒業した理由って?


久住小春さんがモー娘を卒業するときは、本当にいきなりでした。
来年のカレンダーに久住小春さんが写っていたり、
来年のコンサートにも出演予定だったりと、
前もって計画的に卒業を決めていたわけではなさそうでした。

かといって男性問題で責任とってやめたわけでもなさそうでした。


一体何が理由だったのか?を調べていくと
こんな事実が分かってきました。

なんと久住小春さんは当時のメンバーから嫌われていたそうです。

そしてそれはいじめに発展していたとのこと。


当時モーニング娘は絶頂期と比べて、人気が低迷していたようです。
そんななか久住小春さんはソロで「月島きらり」として活動して成功していました。

それに対しておもしろく思わなかったメンバーがいじめをしだしたとのこと。

久住小春さんは卒業理由に

「忙し過ぎて、将来のことをゆっくり考える時間もなく、日々が過ぎてしまう」
「本当に自分のやりたいことをやろう」

と発言し真相は闇の中になりました。

卒業後はCanCam専属モデルとなり、順調な芸能活動だったようです。

「やめて成功しました」
「(モーニング娘は)ステップアップだった」

と言いたい放題です。


さんまさんの番組で久住小春の教育係だった道重さゆりと
共演したときも

「やめて成功しました!」とはっきりと言い放ちました。

「もう1個なんか違うことができたらいいなあと思って。
その時に、やっぱ17歳だったら今からでもいろんなこと挑戦できるなと思って」

「モーニング娘。って男の人のファンが多いんですよ。
モデルって女の人のファンが凄く多くて。だから違うじゃないですか。方向性が。
女性から支持を受けたかったんですよ。アイドルだと男の人に媚びてるみたいな」

「(やめて)すごい正解!ばっちしでした!」

「芸能界に入りたくて、モーニング娘。に入ったんですよ」

「ステップアップ!」

とここまではっきりと言っています。

ここまで言われたら長年キャプテンを務めた道重さゆりさんはおもしろくないはず。

実は道重小百合さんは久住小春さんの先輩にもかかわらず、
久住の自宅の電話配線を直したり、番組の録画の仕方などを教えてあげていたそうです。

道重さんは黄金伝説の「一カ月一万円生活」に出演した際にも
一生懸命、低迷期だったモーニング娘のことを思って
自らが体を張って頑張っていました。

普段は「ぶりっこキャラ」で売っていましたが、本当はとってもいい子なんだなと思いました。

さらに元モーニング娘吉澤ひとみさんは

「一回久住が眩しくて寝れないって道重がカーテン締めにいかされた。
これはもう親を通さなくてはいけないとおもった」

と言っていたようです。

いじめというよりも、久住小春さんの人に対して無頓着な態度が
周りの人を自然と遠ざける結果になったのかもしれませんね。

といってもここまではっきり物事を言えるタレントは
見ていておもしろいので、これからどんどんテレビに出て
アイドルの裏側とかバクロしてほしいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ