給食費はいくらなの?未納問題と滞納する理由を調べて対策を考えてみる

給食費を滞納のうする親が増えているようです。

一体給食費はいくらなのでしょうか?
給食費未納問題と滞納する理由を
詳しく調べていきます。


給食費を払わない親が続出!


給食は学校に通う子供たちにとって
大切な食事です。

その給食費を払わない親が増えているということで
気になる給食費の金額を調べてみました。


住んでいる地域によってバラつきはあるものの
どうやら全国的な平均は公立の小学生で
大体4000円ほど
のだそうです。

中学生になると値段が上がって
4500円から5000円ほど
のところが多いようです。


食材の価格が上がっているので
少しづつ給食費も高くなっている傾向にあるようです。


滞納する理由とは?


5000円を高いととるのか?
安いととるのか?

滞納する人はいったいどんな理由があるか
気になって調べてみたら


驚くことに

経済的なことではない理由が
結構多かったのでまとめていきます。


以下滞納する理由です。

払いたいけど払えない人の理由


・お金がない、生活が苦しい

もちろんこういった経済的な理由で
払えない人もいるようです。

というのも東北の震災に
巻き込まれた方たちのなかには
生活を立て直すためにお金が要り、

本当にくやしいけど給食費が払えない
という人もいるようです。

もちろん払っている人もいますよ。

ただこういった本当に払えない、
事情があった人が学校に相談した結果

学校が配慮してくれて
給食費の支払いを待ってくれた例もあるようです。


本当に困っているのならば
相談してみるといいかもしれません。

また所得の低い家庭には、
学童保育に関わる費用の免除申請もできるので
本当に困っているならこういった政策も利用しましょう。

払えるけど払わない


経済的な理由で苦肉の策で学校に相談するひともいるようですが
今から紹介するのはちょっと違ったケースです。

「払えるけど払わない」
そんな考えの人たちの意見です。

義務教育なんだから払わない

本当は行かせたいわけではないのに
義務で学校に行っているのだから
国が養うべき。

といった考えの人もいるようです。

つまり税金でまかなえばいいのに。
ということですね。

給食費の値段が上がりすぎている

以前は給食費が2500円前後だった時もあるようです。
その頃と比べると確かに随分高くなっています。

ですが給食の質も上がっていて
とってもおいしくなっています。

さらに食材が値上がりしているので
給食費もあげざるえません。

ですがその分給料に反映されていないため
給食費がただ高くなることに
不満を感じている人が多いようです。


払っていない人がいるなら自分も払いたくない

あいつはいいのに何故自分はダメなのか?!
と憤慨している人がいるようです。

赤信号みんなで渡れば怖くない
といった子供じみた言い訳に思えます。

金額が同じなのはおかしい

経済的格差が広がっているので
自分の家よりも裕福な家庭のところと
同じ金額なのはおかしい。

家計にのしかかる金銭的な負担ダメージが
平等ではないと思う人もいるようです。


昔から払わない人はいた

給食費の支払いが茶色い封筒だったころから
払わない人は払っていませんでした。

ですが最近になって注目されているだけだと
言っている人がいるようです。


払えというならお弁当を持たせる

自分の子供にはお弁当をもたせるから
給食費は払わないよというケース。

といってもほとんどは
お弁当忘れちゃったといって
見かねた先生が給食を食べさせることになっています。


納得できないから払わない。

一体いくら食材にお金がかかっているのか?
詳細な内訳やきちんとした支払いの契約書、
さらには納得できるまでの説明を求める人がいるようです。

お金を払うのだから自分は客であり、
徹底的なサービスを受ける権利があると
思っている人がいるようです。



たくさんの理由があるようですが
すべて親の都合ですね。


対策について


3か月未納した家庭の生徒には
給食を停止するとはっきりと
埼玉の学校が通告したそうです。


すると一気に支払う親が増えたようです。

全国すべての学校が行動に出たわけではないですが
この埼玉の学校の行動は
全国的に大きな影響をだしそうです。


給食費未納問題を解決するには


給食費を払えないのなら
相談すればいいし、

払えるけど払わないというのは
親のモラルが試される問題のような気がします。



私は児童手当を減らして給食費にまわせばいい
思うのですが、そううまくいかないのでしょうか?

これが一番みんな平等だと思うのですが。

みなさんはどう思いますか?

私は払わない親をいちいち一人づつ
説得するくらいなら

国が乗り出して対策に出たほうがいいと思います。

児童手当を給食費に回せば
子供も先生も嫌な思いをしなくてすむと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ