佐藤浩市の激やせ?30年絶縁状態だった母の介護をする泣けるエピソード!

佐藤浩市さんが激やせしている原因が気になるので
調べてみたら、佐藤さんの親子の絆を感じる
泣けるエピソードが発覚したのでまとめていきます。

佐藤浩市さんが激やせ?


佐藤浩市さんは1960年(昭和35年)12月10日生まれの
日本の俳優さんです。

現在54歳なのですが
最近なんだかげっそり痩せてしまっているので
ネット上で話題になっています。

ウィキペディアに掲載されている情報では
身長182cm、体重67kgとなっています。

世の男性の身長182センチの平均は(BMIでいうと)
73キロがベストのようですが
それよりも5キロも軽いですね。

yaseta

画像で見てみると結構違いますね。

左が激やせした?と言われている画像です。

といっても年齢の問題かな?
とも思いますが。

もともと渋い男性的なお顔をされているので
今のお顔もとっても素敵ですが

もしかしたら病気かな?
と心配になったので調べてみたら、

佐藤さんの泣ける親子の関係が
わかったのでまとめていきます。


佐藤浩市さんの親子関係


佐藤さんのお父さんは三國 連太郎という
日本の俳優さんです。

知らなかった!お父さんも俳優さんだったですね!

三國 連太郎さんも身長181cmと高身長の
イケメン俳優だったそうです。

体重は生前75kgをキープしていたそうなので
佐藤浩市さんはやっぱり痩せているのでしょうね。


びっくりなのですが、お父さんの三國 連太郎さんは
佐藤さんが幼少期だったころに家出をされているそうです。


三國 連太郎さんは役者として
異常なほどのプロ意識をもっていたそうで
役つくりのために上下の歯を10本抜いという
恐ろしいエピソードを持っています。


役者という仕事に異常な熱意をもっていましたが
私生活では女性関係が派手で
結婚を4回しています。


佐藤浩市さんのお母さんは
芸者をしていたそうで
三國さんの3番目の奥さんです。

佐藤さんが12歳のときに離婚されたそうです。

お母さんはスナック経営をして
佐藤さんを育ててくれたそうです。

佐藤さんはお母さんのことを
とっても大好きで溺愛していたとのこと。


ですがそこに、内縁の夫として
新しいお父さんがやってきて
3人で暮らすようになったそうです。


思春期だったこともあってか、
父親がいなくなった分、母親にすべての愛情が行ってしまい、
それを裏切られた気持ちになったのか、

佐藤さんにとって内縁の夫の存在は
そうとうショックだったそうです。



そして高校2年生の時に家を飛び出して以降
お母さんと30年間音信不通だったそうです。


なんちゅうこっちゃぁ・・・。

そして・・続きます。




2008年にお母さんが脳梗塞で倒れ
後遺症として認知症を患ってしまったそうです。


久しぶりにあったお母さんが
病気になっていたとか、とってもショックだったでしょうね。

そのため佐藤さんは奥さんと一緒に
お母さんのために引っ越しをして
介護をする決意をしたそうです。


お母さんのために家はエレベーター付きの
バリアフリーの豪邸とのこと。

現在は奥さんと一緒に
お母さんの介護をしているんだそうです。


30年間帰らなかった自分が悔しいって気持ちもあるでしょうね。


そして2013年にはお父さんの
三國さんが亡くなってしまいました。


離婚当初は恋愛に自由なお父さんを
佐藤さんは恨むような気持ちもあったと思いますが

役者として二人は
親子役で共演していて、
親子の仲は修復されていたようです。


三國さんのことを佐藤さんは
「努力の人」と語っていて

役者として父として最後には
本当に尊敬していたようです。


最後に


以前からかっこいい俳優さんだな~と
思っていたのですが

調べてみたら結構苦労されていたことを知って
びっくりしました。


大好きだったお母さんを捨てた
お父さんと同じ道の
俳優を選んだ経緯も気になりますし、

結構いろんな思いを抱えていて
それを表面に出さない、

まだ何かある。
といった不思議な雰囲気が佐藤さんの
魅力なのかもしれないですね。



コメントを残す

このページの先頭へ