北乃きいのスリーサイズや体重は?太った?Zipでの評判が気になる!

ZIPで活躍している北乃きいさんが
ちょっとぽっちゃりしているように見えたので
スリーサイズや体重を調べてみました。

北乃きいってどんな人?


北乃きいさんは14歳の時に
「ミスマガジン2005」で
史上最年少グランプリを獲得して
芸能界デビューした日本の女優です。


一時ドラマやCMでよくみかけたのですが
ばったりテレビで見かけなくなって
2014年9月に朝の情報番組「ZIP」の総合司会に
抜擢されました。


簡単なプロフィールはこちらです。

◆1991年3月15日生まれ

◆神奈川県出身

◆血液型O型



毎朝テレビを見るたび
ぽっちゃりしてる?と気になるので(私だけ?)

実際の体重やスリーサイズは一体
どのくらいなのか?調べてみました。


北乃きいのスリーサイズや体重は?






北乃きいさんの身長は158 cmとのこと。

気になる体重は体重48kg
スリーサイズはB80cm W61cm H81cmだそうです。

ちなみにカップはCカップだそうです。


う~ん失礼ながらもっとあるような気がする。

と思って画像を検索したら・・・
kii


あれ?顔スッキリしている?

いやいや違う、画像が古いんだ。

ki-i

そうそう。最近はこっちのイメージです。

太った?


気になって色んな画像を検索して見て見たのですが
どうやら体調によって顔が変わるようですね!


むくみやすいのかもしれません。

多少体重の増減はあるかもしれませんが
そんなに激太り!というほど
変わっていないみたいですね。

この画像をみてください。
yature

びっくりする位やつれているように感じます。
目の下にクマがあるような。

でも3つの画像を見ただけでも
顔が違います。

写りの問題と言うよりも
完全に輪郭が違うように思います。

ネットでは「北乃きい」と検索すると
すぐに「太った」と予測変換出来てしまいます。

同じことを思う視聴者が多いみたいですね。

Zipでの評判が気になる!


ZIPの北乃きいさんの前任が
関根まりさんだっただけに

後任の北乃きいさんに
ネット上で厳しい評価が下っているようです。

そのため、「太った?」などと言った
批判的な目線が多いみたいです。

前任の関根まりさんは
英語堪能で頭脳明晰で愛想がいい、

そして父親の関根勤さんも
芸能界で人に好かれています。

親のコネというよりも
関根まりさんの人柄や実力自体に
人気がありました。

それもそのはず、関根まりさんは
アメリカ合衆国エマーソン大学マーケティングコミュニケーション学部を
首席で卒業しているのです。

しかも飛び級して1年早く卒業しています。

かなりの秀才です。
しかもその進学は芸能活動の肥やしにするため
っていうんですからそりゃ完璧です。


そんな芸能界のなかでも出来過ぎた
前任者と比べられてしまう

北乃きいさんはある意味可哀そうです。

もともと女優ですし、司会業は初めなこともあって
まだまだ司会を自分のものにするのに
時間がかかりそうです。

といっても北乃きいさんの魅力は
若さとエネルギッシュで健康的な笑顔です。


今後Zipに出続けることで実力をつけ、
元気な笑顔を朝から届ければ

比較的批判的な意見の多いネットでも
評価はあがっていきそうです。


私としては何かご飯いっぱい
食べそうなイメージがあるので

日本テレビの水戸アナ路線でいけばいいのにな~
と思うのですが、やはり女優なので難しいですかね。

いっぱい食べるぽっちゃりした
健康的な女の子って可愛いけどな~。

卒アル写真が流出して本名がバレる!


sotu

北乃きいさんの卒アル写真が出回っています。
そのため本名も分かってしまいました。

「松本 沙也加」さんというのですね。

芸名と全く違いますね。
一体どこから今の名前が生まれたのでしょう?

いじめらてれいた時に勇気をもらった漫画


実は北乃きいさん、中学生の時いじめられていたそうです。
その時に読んでいた漫画がこれです。


すえのぶけいこ作の「ライフ」

いじめを題材にした漫画で
主人公と自分を重ねて勇気をもらっていたそうです。

「休んだら負け」と思って
いじめに負けずに頑張って学校に通っていたとのこと。


そして2007年に「ライフ」がドラマ化したさいに
主演に抜擢され見事演じ切りました。

辛い過去を仕事に生かすなんて
とっても凄いと思いました。


それにしても芸能人が「実は私いじめられていた」
っていうエピソードを語ることがよくあるけれど、

なんでテレビで人気者になるような
美人、美形の人がいじめられるんだろう?

目立ちすぎてターゲットになるのかな?不思議だ。


コメントを残す

このページの先頭へ